殺菌の基礎知識や、感染の恐れがある菌について

殺菌・減菌・消毒・除菌・抗菌の特徴

スポンサード リンク

殺菌は菌を殺すことをいいますが、殺す対象や程度を含まないので、それで清潔になる保証は厳密にはありません。

減毒は、有害・無害を問わず、対象物に存在する全ての微生物・ウイルスを死滅させるか、除去して無菌状態にすることをいいます。

しかし無菌状態といっても、菌数をゼロにすることはできなく、微生物の生存率が100万分の1以下の状態を無菌としています。

消毒は、対象物に存在する病原性のある微生物を、害のない程度まで減らすことをいいます。

除菌は、対象物から菌を除いて減らすことを意味しますが、様々な程度の範囲があります。

抗菌は、菌の増殖を阻止することで、対象や程度を含みません。